ブラウザ - 小遣い稼ぎ用語集

トップ

ブラウザ

ブラウザとは

インターネット上のサイトを表示するソフト。

皆さんご存知ですね。
ブラウザを利用してインターネットを利用する。

今やインターネットは当たり前。

インターネットするためのソフトであるブラウザも当たり前のように使用する。

ブラウザの種類は有名な所で、IE(インターネットエクスプローラー)、firefox(ファイヤーフォックス)、 Chrome(クローム)、Opera(オペラ)、Safari(サファリ)などがある。

使い慣れているブラウザを使うのも良し、自分にあったブラウザを探すのも良し。
結局何が使いやすいかなんて、人それぞれ。


IE (インターネットエクスプローラー)

提供元:マイクロソフト
Windows7やWindowsXPなどに標準で搭載しているブラウザ。
マイクロソフト社がWindowsOSとIEを開発しているので、一般的なパソコンを
購入すると最初っからIEが入っているので、IE使ってる方が一番多い。


Chrome (クローム)

提供元:google(グーグル)
スマートフォン用のandroid(アンドロイド)を作成しているgoogleが提供しているブラウザ。
動作や起動が速いので、人気がある。
スマホと連携できたりするので、便利が良い。
ちなみに私がメインで利用しているのがChrome。

firefox (ファイヤーフォックス)

提供元:mozilla(モジラ)
世界中のボランティア達が開発しているオープンソースのブラウザ。
linux関係者など、mozillaが好きな方が意外と多い。
スマホ用のfirefoxも開発しているので、スマホと連携ができる。
動作は比較的軽い方だと思うけど、メモリをいっぱい消費している気がする。


Opera (オペラ)

提供元:Opera ソフトウェア
海外、とくにヨーロッパでは人気が高いけど、日本でのシェアは少なめ。
「戻る/進む」操作が「右クリック+左/右にマウスを動かす」で可能な
マウスジェスチャーが人気。
あと、PCのスペックが低く、高機能ブラウザだと動きが遅かったりするPCには
Operaがおすすめかな。


safari (サファリ)

提供元:Apple(アップル)
iPhoneで大人気のAppleが作成しているブラウザ。
当然iPhoneには最初からインストールされている。
iMacなど、Appleが作成しているパソコンにも最初から入っている。


用語集に戻る